子供の矯正治療

日本矯正歯科学会では、何も問題がなくとも7歳になったら専門医を受診することを推奨しています。
この時期になると、大人の歯の数や位置の異常などが大方分かるようになります。 成長期に悪い歯並びを放置すると、成長発育に伴いアゴの骨の変形や上下のアゴの不調和を起こしてしまうことがあります。
子供の時期に矯正治療を開始することで、早くからお口の環境を整えてあげることが出来ます。

第一期治療・第二期治療とは?

最終的な矯正治療の目的は、大人の歯ならびが機能的で美しくあることです。

そのため子供の時期に矯正治療を開始する場合、矯正治療は2段階に分かれます。
子供の矯正治療は第一期治療と呼ばれ、大人の歯ならびになるまでの土台作りの期間となります。
そして大人の歯並びの矯正治療が第二期治療と言います。
第一期治療を行うことで矯正治療全体の期間は長くなりますが、この時期から開始することで、成長発育を利用した治療を行うことが出来る、非抜歯での治療の可能性が広がる、第二期治療がスムーズに進むなどのメリットがあります。
お子様によって成長や歯並びは様々です。
また、お子様自身の生活(習い事や学校等)や歯の状態、ご家庭の状況もそれぞれ異なります。
全ての点を考慮した上で治療の開始時期を一緒に考えていきましょう。

治療例

開咬および交叉咬合

初診時は6歳の女の子です。
上あごの幅が狭いために、開咬(前歯が咬み合わない状態)と臼歯が交叉咬合(上が下に対し内側に入っている咬み合わせ)になっています。上あごの幅を広げ、舌の癖を治すトレーニングをしました。

下顎前突
(反対咬合・受け口・下あごが出ている)

初診時は7歳の男の子です。
上あご前歯を動かし、あごのズレを改善する装置を使いました。

子供の矯正治療から大人の矯正治療を行った場合

初診時

子供の矯正治療であごを広げて永久歯の生える隙間をつくると同時に、咬み合わせの改善を行いました。

子供の矯正治療終了時

大人の矯正治療開始前です。
子供の矯正治療では改善できない部分を治していきます。

大人の矯正治療終了時

大人の矯正治療後です。
非抜歯にて治療を行い、歯を動かした期間は1年7か月でした。

矯正治療一覧へ戻る